ホーソン-メルボルン英語学校について

1986年に設立されたホーソン-メルボルン英語学校は、メルボルン大学の教育学部であった場所をキャンパスとして使用しています。キャンパスは、メルボルン市中心街から東に8キロほど行った高級住宅街にあります。

当英語学校のIELTSテストセンターは現在世界で3番目の規模と実績を誇っています。
英語を母国語としない人への卓越した英語教授法を有しており、数多くの英語教師向けのワークショップをオーストラリア国内はもとより、海外でも行っています。

Sporting, Cultural, Outdoor Programs and Excursions(SCOPE)とは、当英語学校が学生全員に提供している福利厚生サービスの一つです。授業以外にも積極的に英語を使う事でより早い上達と、年間平均30~35カ国からの留学生間の異文化交流法の促進が目的です。放課後に行なわれるクラブ活動のようなものです。

サービス名は、スポーツ(Sports)、文化(Culture)、野外プログラム(Outdoor Program)、遠足(Excursions Program)の頭文字をとっています。学生ができるだけ英語学習の効果を得られるようにデザインされているので、SCOPEを通して交流活動に参加し、新しい友人を作り、オーストラリア人と知り合い、地元のクラブに参加し、英語力の学習を助ける「自信」を得ることができます。

放課後の活動として次のような活動ができます。

  • 学生新聞の編集に加わることで英語力を向上させデスクトップパブリッシング能力をつける。
  • 映画クラブ:学生と教員が集まり、映画を鑑賞後話し合いながらディナーを楽しむ。
  • 音楽クラブ:学生と教員が集まり、楽器を演奏し、パフォーマンスを行う。
  • 授業の後、選択授業やクラブ活動に参加して英語を効果的に学習し、英語の自信をつけることもできます。選択授業やクラブにはディベート、会話、歌のリスニングで聴解力の向上、TOEICやIELTS試験準備対策、音楽クラブ、料理クラブ、屋内サッカー、バスケットボール、演劇クラブ等があります。
  • SCOPEプログラムはコースのカリキュラムの補助的役割を果たし、5週間ごとに遠足に出かけます。教員が学生と相談して行き先を決定しています。遠足はコースの一環であり、教育を目的としたもので学生は参加が義務付けられています。気候や状況によって異なりますが、行き先はヒールズビル・サンクチュアリー、ソブリン・ヒル(歴史的に知られている金鉱跡地)、ソレント(海岸)、ワイナリー等です。ゴルフレッスン等の活動的なエクスカーションがある場合もあります。

ホーソン-メルボルン英語学校で勉強を始める方は、ホームステイもしくはシェア・アパートメント等での滞在が可能です。ホームステイ先は、事前に(渡豪前)学校で手配しますのでご安心ください。